ピアノに関するQ&A ー 進路について1

「ピアノに関するQ&A」第11回目の投稿です。

 


 

Q:ピアノをもっと学びたいけど、金銭的な問題があります。ただピアノを練習したい。

 

A:(講師  塩川)結論から言いますと、社会で言われてる一般的な方法でピアノ教育を受けようとすると膨大なお金がかかります。しかし、お金をかけずともピアノを学ぶ方法はいくらでもあります。

自分も日本の音大に行くような金銭的な余裕はなかったので、大学は学費が安いヨーロッパに飛びました。ヨーロッパの奨学金は完全給付型の場合が多く、私もそれを幸運にも受けられて授業料は0.当時の生活費は現地で週25時間程度アルバイトをして生きていました。(フランスでは学生ビザでの外国人就労が法律で認められています)

これはあくまで一例ですが、私のころとは違い現在はネットやSNSなども完全に普及しきっているので、知恵を駆使し、時には人に尋ねたり頼ってしていけば今後も好きなピアノを学び続けていける方法が必ず見つかると思います。

 


 

ブログを読んだ上での感想、また質問してみたいこと等あれば是非ともこちらよりお便りください。

 



ダリ・インスティテュート「ピアノ教室」