ピアノに関するQ&A ー 身体の使い方について6

「ピアノに関するQ&A」第28回目の投稿です。

 


 

Q:メロディー、どうしたら柔らかく美しい音で弾くことができますか?

 

A:(講師  塩川)腕→手→指→鍵盤 にかかる圧力、重さに気をつけてみてください。

レッスンをする際にはどのレベルの生徒にも伝えることであり、私自身もそう教わったことです。

仮に美しい音を出すために、指から鍵盤にかける重さを100gだとします。音が次の鍵盤のものに移る度に100gを指から与えていくのではなく、常に鍵盤に100gの重さがかかっている状態を維持しておく感覚で、その重さをそれぞれの指に移していく、というふうにすれば自然なメロディーのレガートがつくれます。

物理的にいうなら、作用反作用の法則のうち反作用(指から鍵盤に与える力と逆に鍵盤から指に与えられる力)の方を意識してみると良いでしょう。

文章として解説するには感覚の世界なので分かりにくいと思います。もし料理用の重量計などがあれば、その上で上記の内容を試してみれば、目盛で実際に表示されるので目視しながら指に重さを移していく感覚を鍛えられます。

 


 

ブログを読んだ上での感想、また質問してみたいこと等あれば是非ともこちらよりお便りください。

 



ダリ・インスティテュート「ピアノ教室」
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。