ピアノに関するQ&A ー 演奏本番のコンディション3

「ピアノに関するQ&A」第33回目の投稿です。

 


 

Q:本番中ピアノを弾いてたら手汗が凄くて鍵盤が滑るのですが、ハンカチで拭いてもぬぐいきれません。

 

A:(講師  塩川)多汗症という病気があります。もしそうであれば専門の病院へ通院する必要があります。もしそうではなくて、ピアノを弾いている時だけ、ということでしたら心理的なものでしょう。

以下、少し厳しいことを述べることになります。

はたして、鍵盤が滑るのは本当に手汗のせいなのでしょうか?「汗ですべる」という方は勿論多くいらっしゃいますが、「乾燥ですべる」と主張する方も多く存在します。一体どちらが本当のことを言っているのでしょうか、またはどちらの言い分も正解なのでしょうか?

例えば響きの違うホールで普段と別種のピアノを弾いたりすると、感覚が普段と違うので鍵盤上の指の配置を無意識的に調整したり、また不慣れな曲ですと本番の不安から弾くべき鍵盤を探したりすることがあります。可能性としては、練習不足のミスや本番の不安感を「手汗」という現象の責任にしているだけなのかもしれません。

以上は憶測ですが、人の無意識とは否定形を認識できないとよく言われています。「手汗が出てほしくない」と思えば思うほど発汗するという可能性は大いにあります。一番手っ取り早い対策は「多少手汗をかいたとしても演奏には影響がない」と頑張って思いこむことです。

 


 

ブログを読んだ上での感想、また質問してみたいこと等あれば是非ともこちらよりお便りください。

 



ダリ・インスティテュート「ピアノ教室」
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。