ピアノに関するQ&A ー 音楽留学について1

「ピアノに関するQ&A」第38回目の投稿です。

 


 

Q:日本は学費が高いから、と言う理由で留学を選んでも良いのでしょうか?

 

A:(講師  塩川)私自身裕福な家庭の育ちではなく、そのような理由もあって留学しましたし、尤もな動機かとは思います。学費は勿論国によって違いますが、ドイツやフランスなどヨーロッパ圏は留学生に対しても学費が安いことが特徴です(場所によっては年間授業料10万円以下など)。

逆に、日本の音楽大学は世界でも有数の学費の高さであり、日本国内でも医大の次にお金がかかるというのが一般的です。

ただ、いくら学費は安いと言っても、学校外でのレッスン及び講習会の参加費等や現地での生活費は当然かかります。また、文化の違いにおけるカルチャーショック、言葉がなかなか通じない事、世界において日本国よりも便利な国はほとんど無いことから生活スタイルのギャップでのストレス、等々初期段階ではある程度の苦学は覚悟しておいた方が良いでしょう。

また、通常では大学というのはただ勉強する、という場所だけではなく、将来に向けての人脈作り、自らの進路の構築、就労に役立つ情報など、未来のライフスタイルに関わることも担っています。

日本の大学を経ずに留学して、帰国後に本国で活動・就労をするなら、その辺りの地盤固めは0からのスタートとなります。その点、日本の大学出身でコツコツと身の回りを固めていた学生よりかはややハンデがあるように思います。(あくまで一留学経験者から見た感想ですが)

もし留学されるのでしたら、留学を終えて帰国後どうするのか、もしくは現地にてその後もライフワークを続けるのか、などといったプランを漠然とでも立ててから出国することをお勧めします。

 


 

ブログを読んだ上での感想、また質問してみたいこと等あれば是非ともこちらよりお便りください。

 



ダリ・インスティテュート「ピアノ教室」
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。