ピアノに関するQ&A ー 身体の使い方について13

「ピアノに関するQ&A」第82回目の投稿です。

 


 

Q:指が短いので、和音など弾きにくい箇所沢山あるのですが、どうしたら良いでしょうか。

 

A:(講師  塩川)オクターブがきちんと届く手の大きさのケースだということで、とりあえずは考えてみたいと思います。

オクターブがしっかり届く程度の大きさであれば、ある程度の対策は可能になってきます。和声的価値を崩さない、つまり和音の構成音を極力減らさないことを気をつけながら指が届かない箇所を省いたり、分散和音で対応したりすることで、原曲をほぼ改変することなく演奏できるかと思います。

また、選曲の際に予めオクターブ以上に大きく手を開く必要のあるものを避けた方がよろしいかと思います。曲のチョイスの幅はどうしても狭くなってしまいますが、やはりご自分の体にあった楽曲を選択したほうが心理的にも身体的にも楽でしょうし、何より演奏の仕上がりが満足のいくものになりやすい筈です。

 


 

ブログを読んだ上での感想、また質問してみたいこと等あれば是非ともこちらよりお便りください。

 



ダリ・インスティテュート「ピアノ教室」
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。