ピアノに関するQ&A ー 基本的な練習について16

「ピアノに関するQ&A」第94回目の投稿です。

 


 

Q:ピアノを弾くにあたって、練習ばかりしていては上手くならないと聞きますが本当ですか?

 

A:(講師  塩川)本当です。

例えば古代ギリシアでは、音楽は今日で考えるような娯楽的要素というよりかは、教養のためには必修すべき学問のとして考えられており、数学・天文学・幾何学と並んで教育の重要な位置を占めていました。音楽とは自然界の法則を用いて表わされたものです。練習ばかりではなくそういった学問的な観点から学ぶことが、現代においても実際の演奏技術の向上に不可欠となります。

また、時代が下ってショパンのようなロマン派時代の作曲家作品になってくると、人間としての情緒的な側面が表現された楽曲が多くなってきます。練習のみ行い、人が本来人生の中で習得するような心の豊かさを得られないまま、そのような楽曲に取り組もうと思っても作品がなにを言いたいのか判らなくなり、むしろ弾くことで混乱し苦痛を感じることがしばしばあるでしょう。

 


 

ブログを読んだ上での感想、また質問してみたいこと等あれば是非ともこちらよりお便りください。

 



ダリ・インスティテュート「ピアノ教室」
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。